夜尿症には適切な精神的サポートと専門家のアドバイスで解決を。

夜尿症(おねしょ)の詳しい原因はいまだに解明できていません。

全体的に夜尿症の子供は眠りが深く尿意をかんじて目が覚めることができません。

また、膀胱に貯められる尿の量と夜間尿量のバランスが悪くて夜尿を引き起こします。

親が夜尿症だった場合、子供も夜尿症になる確率が高いですが、明らかに原因になる遺伝要素はまだ発見されていません。

夜尿症は、5歳から6歳を過ぎても継続的におねしょをしてしまうことを言います。

年齢とともにだんだん減少していきますが、5歳で15%~20%。

10歳で 5%~10%。

15歳で 1%~2%。

成人した人の200人に1人の割合で夜尿症が見られます。

夜尿症は、身体の発達やホルモンバランスなどが原因だったり、病気が原因であることが多いので、親のしつけは全く関係ありません。

無知な人が周囲にいると、子供は勿論親もストレスを感じてしまうので大変だと思います。

欧米のおむつやトレーニングパンツは、0歳時から12歳時用まで普通のスーパーやドラッグストアなどどこにでも売られて、手軽に恥ずかしいと感じることなく購入できるのが

メリットだと思います。

しかし、日本ではなかなか大きな子供が使うトレーニングパンツが売られておらず入手が困難だったり人の目が気になるのも問題だと思います。

成長とともに、夜尿症は減少していきますが学校や地域の行事なので宿泊が必要な場合、本人は相当な不安とストレスを感じると思います。

もし、心配なら専門機関で相談することをお勧めします。

夜尿症は親も子供もストレスを感じると思いますが、一番気にしていて恥ずかしい思いをしているのは子供です。

夜尿は自分の意志とは関係なくおねしょをしてしまいます。

本人には問題はありません。

しかし、精神的負担を抱え、それがコンプレックスやストレスになり、大人になってもずっとコンプレックスを感じてしまうことがあります。

なので、おねしょをしてしまっても怒らずおおらかな気持ちで優しく家族でサポートしてあげるのが大切だと思います。

さらに、それと並行して夜尿アラームを利用したり、抗利尿ホルモン製剤などを服用すると良いと思います。